• @京都府京丹後市

    2022年9月10日(土)〜11日(日)

    京丹後市 × INSPIRE

  • 本アイデアソンは、農林水産省とINSPIREの連携により、令和元年度に発足しました。令和2年度からは、農林水産省の農山漁村振興交付金を活用して展開されています。京都府京丹後市では、地域活性化対策として農村インポッシブルを実施します。
  • 突き抜けたアイデアで、新しい農山漁村をつくる

     

    イノベーターの思考回路とともに、突き抜けたアイデアで新しい農山漁村をつくる!それが、価値創造型のアプローチで取り組むアイデアソン 「農村インポッシブル」です。

     

    ワクワク大好きなハミ出し系の諸君! 海の京都へ! 日本海に突き抜けた丹後半島で、京丹後市の小さな漁村「間人(たいざ)」をフィールドに、1泊2日の現場プログラムに挑戦せよ。

     

    日本全国から挑戦者を募集し、突き抜けることを条件に、旅費交通費は全額支給。本業、副業、プロボノなど、海の京都で自ら地域づくりに関わりたい方を歓迎します。

     

    いざ、右農と左農をフル回転してミッションスタート!

     

  • Program

    プログラム構成

    思考インストール

    Install

    価値創造型のアプローチで、突き抜けたアイデアから地域づくりを組み立てる「イノベーターの思考回路」を学ぶ

    現場ミッション

    Mission

    初めて出会うハミ出し系メンバーとともに、地域の現場を巡りながら、突き抜けたアイデアを生み出す

    プレゼンテーション

    Presentation

    地域づくりに取り組むキープレーヤーをゲストに迎え、それぞれの突き抜けたアイデアを発表する

  • フィールドは京丹後市「間人(たいざ)」

     

     

    京都市内からは、電車で約2時間。海の京都へ。

     

    日本海に面する京都府京丹後市の間人(たいざ)地区には、景勝地と呼ぶにふさわしい漁村の景観が広がっています。

     

    小さな漁村「間人」のポテンシャルを最大限に引き出して、新しい地域づくりを実現するには?

     

    まったく新しい価値観で、突き抜けたアイデアを提案せよ。

     

     

  • Welcome

    皆様のご参画をお待ちしています

    まるっぽ間人プロジェクト推進協議会 with フレンズ

  • 京丹後市の間人(たいざ)地区へようこそ!

  • Install

     

    価値創造型のアプローチで、突き抜けたアイデアから地域づくりを組み立てる「イノベーターの思考回路」を学びます。

     

     

     

     

     

  • Navigator

    講師

    谷中 修吾

    Shugo Yanaka

    地方創生イノベータープラットフォーム INSPIRE 代表理事
    BBT大学 経営学部グローバル経営学科 学科長・教授 / BBT大学大学院MBA 教授
     
    農山漁村アイデアソン「農村インポッシブル」ファウンダー/総合プロデューサー。
    ビジネスプロデューサー/クリエイティブディレクター。静岡県湖西市出身。東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻卒。3歳からマリンバ演奏で舞台経験を重ね、クリエイターとして様々な創作表現活動に従事する。外資・戦略コンサルティングファーム Booz Allen Hamilton にて、政府機関・民間企業の戦略立案・実行支援を経て現職。マーケティング技法を駆使した事業開発を専門とし、地方創生まちづくりのビジネスデザインを数多く手がける。国内最大級の地方創生イノベータープラットフォーム「INSPIRE」を立ち上げ、超絶まちづくりの集合知を社会にシェアする取組を展開。内閣府「地方創生カレッジ」講師を務め、受講者満足度No.1を獲得。環境省「グッドライフアワード」総合プロデューサー、東京都「東京ベイエリアビジョン」官民連携チームメンバーなどを歴任。世界30ヶ国を遍歴し、国内外の地域創生に専門知見を持つ。日本経済新聞出版社より『最強の縄文型ビジネス』を出版し、イノベーターの思考回路を解説。農村インポッシブルの総合プロデューサーを務める。
  • Mission

     

    ミッションは「京丹後市間人(たいざ)地区を活性化する特産品/ツーリズムを提案せよ」。

     

    初めて出会うハミ出し系メンバーとともに京丹後市間人の現場を巡りながら、自ら実行主体として関わる前提で、突き抜けたアイデアを生み出していただきます。

     

    自らの副業・兼業・プロボノとして実行できるアイデアや、所属する企業・団体の事業として実行できるアイデアを歓迎します。

     

    ※本アイデアソンにおいて、フィールドワークのグループは、ランダムに組成されます。

  • Presentation

     

    地域づくりに取り組むキープレーヤーをゲストに迎え、それぞれの突き抜けたアイデアを発表します。

     

    最終成果物は、Power Point のスライドにまとめ、5分程度で発表いただく予定です。PC持参を推奨しますが、手書き資料をスマホ撮影してデータ納入することも認めます。

     

    実践的な提案は、その場でプロジェクト化の話につながります。

  • Award

    突き抜けたアイデアの提案者には特別賞品を贈呈!!!

    注)イメージ写真と現実は大きく異なることがあります
  • Networking

    地域のキープレーヤーや参加者とつながって、突き抜けたアイデアをプロジェクト化!

    この出会いから、超絶まちづくりに関わるキッカケをつかめ!

  • Schedule

    2022年9月10日(土)〜11日(日)@京都府京丹後市間人

    9月10日(土)

     

    10:10 集合@網野駅(京都丹後鉄道)※10:06 網野駅着
    10:15 移動(網野駅→間人)
    10:30~12:00 現場ロケ(1.5h)
    12:00~13:00 昼食
    13:00~17:00 現場ロケ(4h)
    17:00~18:00 ワークショップ(1h)
    18:00~19:00 調整時間
    19:00~21:00 夕食

     

    (参考)7:32 京都駅 → 10:06 網野駅 ※遠方からの参加者の皆様は京都駅付近で前泊の前提

    9月11日(日)

     

    09:00~12:30 現場ロケ(3h)※昼食は各自にて
    12:30~14:30 まとめ作業(2h)
    14:30~16:30 プレゼンテーション
    16:30~17:00 写真撮影・交流
    17:00 移動(会場→網野駅)
    17:20 解散@網野駅

     

    (参考)17:37 網野駅 → 20:21 京都駅 → 22:51 東京駅

  • Admission

    募集要項

    ▼主催

     

    まるっぽ間人プロジェクト推進協議会(京都府京丹後市)

    一般社団法人INSPIRE(地方創生イノベータープラットフォーム「INSPIRE」)

     

    ※農林水産省農山漁村振興事業

     

     

    ▼日程

     

    2022年9月10日(土)〜9月11日(日)

     

    ※参加内定者には、開催の1週間程度前の平日夜にオンラインのキックオフミーティングを行います。原則、参加必須とさせて頂きます。

     

     

    ▼集合・解散

     

    【集合】2022年9月10日(土)10:10 @網野駅(京都丹後鉄道)※10:06 網野駅着の電車でOK

    【解散】2022年9月11日(日)17:20 @網野駅(京都丹後鉄道)※京都駅には20:21着、東京駅には22:51着

     

    ※原則、指定時間および指定場所での集合・解散とし、個別対応は受け付けない

    ※但し、ご自身の自動車等での来訪を希望する方については、別途指定する時間と場所への集合を認める

     

     

    ▼対象

     

    突き抜けたアイデアで農山漁村をつくりたい人、日本全国から募集します!

    全員が初対面という前提でプログラムを組んでいますので、遠慮なく個人で突入ください。

     

    <こんな方にオススメ!>
    ・年齢・学歴・職歴は一切不問!とにかく「地方創生まちづくりにチャレンジしたい!」という情熱を持った方を熱烈に歓迎します
    ・周囲から「ぶっ飛んでいる」「突き抜けている」「ヤバい」と言われたことがある人、今こそ、あなたの出番です♪
    ・地域づくりに「副業・兼業・プロボノとして関わりたい!」「所属する企業・団体の事業として関わりたい!」という方、最高です

     

    <留意事項>

    ・令和3年度の「農村インポッシブル@京都府京丹後市」に当選して参加された方は、今回ご参加頂けません。ただし、他地域開催の農村インポッシブル参加者で、京都府京丹後市での開催に参加経験がない方は、今回の応募が可能です。

    ・お勉強のために物見遊山で参加したいという方や、アイデアソンの運営を学ぶために参加したいという方は、本プログラムの対象外です。予めご了承ください。

     

     

    ▼応募条件

     

    下記5点に同意いただくこと

    1. 集合および解散の場所と時刻の順守に同意する(※個別対応は受け付けません)
    2. グループワークにおいて相互のアイデアを尊重する姿勢で取り組むことに同意する
    3. プログラムの最終成果物となるアイデアおよび発表データを主催者に納品することに同意する
    4. 反社会的勢力に与しないことに同意する
    5. 基本的な新型コロナ対策を十分に励行することに同意する

     

     

    ▼グループワーク案内

     

    • 本プログラムでは、ランダムに組成されるグループ(1グループあたり4〜5名)で現場フィールドワークを行い、グループで突き抜けたアイデアを練り上げて発表していただきます。
    • 全員が初対面という前提でプログラムを組んでいるため、一期一会を大切にして楽しむご縁スピリットで臨んでください。

     

    ▼宿泊先案内

     

    プロジェクト側で一括して予約するため、ご自身で手配は不要です

     

     

    ▼募集人数

     

    10名程度

     

     

    ▼費用

    • 参加費は無料です
    • 1泊2日の宿泊代はプロジェクト側が負担します(一括して予約するため、ご自身で手配は不要)
    • 交通費の実費を全額支給します(飛行機等を活用して遠方から参加の場合も実費を全額支給)
    • また、昼食および懇親会の費用は、各自の負担でお願いします
     
    ▼応募方法
    • このサイトの最下部にあるエントリーボタンをクリックし、チケットサイト(Peatix)から応募します
    • 応募フォームへの記入内容は、「参加者情報」「志望動機」「自己PR」などで、それぞれ簡潔に回答するのみで応募することができます
     

    ▼応募期限

     

    応募の締め切りは、8月21日(日)を予定(予告なく変更することがあります)。

    抽選を経て、8月25日(木)までを目安に、運営事務局より結果を個別にご連絡いたします。

     

     
    ▼新型コロナへの対応ポリシー
    • 検温、消毒、マスク着用など、基本的な新型コロナへの対応は徹底して行います
    • 会場における消毒等も励行します